南の家

工務店の友人にお誘いいただいて
 
人気建築家、堀部さんの処女作
 
「南の家(1995年)」を見ました
 
堀部さん曰く
 
「建築家には芸術的な仕事としての役割と
 
人の命や人生を大きく左右させてしまう
 
責任の重い仕事としての側面がある。
 
建主は一生懸命に働いて稼いだ
 
大金を使って家を建て、それからの
 
人生のほとんどを、その建物の
 
中で過ごすことになるのだから・・・」
 

 
独立したての勢いを細部にまで感じられる
 
名作でした。