食べ物にはドラマがある

千葉しのぶ先生の講演会に行きました
 
毎年、秋に霧島食の文化祭を開催されている方です
 
その文化祭で取り組んでいる「家庭料理大集合」は
 
とても興味深いものでした
 

 
普段食べている料理を持ち寄り
 
レシピカードを添えます
 
作り方だけではなく、いつ食べたか
 
誰が作ってくれたかなどの料理にまつわる
 
思い出も書いてあります
 
その食の記憶をきいて、涙される方も
 
いらっしゃいました
 
「食には誰もが心を動かされる・・・
 
 食べ物にはドラマがある」
 

 
先生曰く、
 
きつい時にはご飯と味噌汁でいい
 
大切なのは、家族が楽しくご飯を食べること。
 
考えてみれば、子供達と一緒に過ごす時間は
 
ほんの18年ほどですものね
 
限りある時間を大切に
 
家族みんなで楽しい食卓にしていこう
 
と改めて思いました