カウフマン邸/落水荘

夜中にピッツバーグ入りして
 
睡眠2時間弱、日の出前に起きて
 
150km、約2時間かけて向かうは
 
住宅建築の最高傑作とも言われる
 
Fallingwater(落水荘)
 
近代建築の三大巨匠の一人
 
フランク・ロイド・ライトが晩年
 
再び表舞台へ復活を遂げた作品です。
 

 
ビジターセンターを抜けて
 
山の中を進むと
 

 
前日の大雨で増水した滝の上に
 
写真で見た傑作は佇んでいました
 

 
有機的建築の理想を追求し
 
建築と自然が見事に調和しています
 

 
リビングから川へ降りる階段
 

 
ここからアインシュタインは
 
川へ飛び込んだとか・・・
 
落水荘を見るためだけに
 
1日を費やしてしまいますが
 
その価値は十二分にある最高傑作です