気密試験


 
エネルギー消費の少ない住まいをつくる上で
 
気密性を高めることはとても大事です。
 
気密性を高めると、息苦しくなるようなイメージが
 
ありますが、そんなことはありません。
 
躯体からの漏気を減らすことは熱ロスを少なくし
 
エネルギー消費を抑えます。
 
漏気が少ないと、計画的な換気が可能となります。
 
壁内への空気の流入がなければ結露がないので
 
建物の耐久性が向上します。
 

 
オーナー様立会いのもと、気密試験を行いました。
 
次世代省エネ基準では、北海道で
 
C値2.0cm2/m2です。私たちが目指すのは
 
計画換気が可能といわれるC値1.0cm2/m2以下です。
 
試験の結果は、C値0.25cm2/m2と
 
検査員の方も驚かれたほど優れたものでした。
 
今週末21-22日に、こちらで構造見学会を行います。
 
健康で快適に暮らすための住まいには、なにが必要か
 
ぜひこの機会にお確かめください。