住まいの燃費

昨年からにぎわいだしたゼロエネルギー住宅
 
これまでの次世代省エネ基準(平成11年改正)では
 
主に建物の断熱性能を評価していました
 
どんなに外皮の性能を上げても
 
設備等でばんばんエネルギーを浪費したのでは
 
省エネ住宅とは言えない
 
ということで、このたび省エネ基準が改正され
 
10月1日に施行されます
 
今回の改正では、住まい全体で使うエネルギーを
 
効果的に減らすために
 
「一次消費エネルギー量」という指標で
 
住まい全体の省エネ性能を評価します
 
そして2020年には、すべての住宅で
 
省エネ基準適合が義務化となります
 
つまり、すべての住まいの一次消費エネルギー量を
 
計算することになるわけです
 
「わたしのおうちの燃費は○○なの」と
 
話題になる日がすぐそこまで来ています
 
それとともに、ますます住まいづくりが工学的になり
 
工務店の地力も試される時代になります